箱根ガラスの森美術館 ヴェネチアン・グラスミュージアム  
 
インフォメーション
最新情報・ブログ
割引チケット
ホーム/ミュージアム/ヴェネチアン・グラス美術館:主要展示作品 風にそよぐグラス

マーブル・グラス・デカンター

   
マーブル・グラス・デカンター  

マーブル・グラス・デカンター

16〜17世紀
ヴェネチア

宙吹き、マーブル・グラス
口・脚台金具付
高20.6cm 幅11.3cm

 

15世紀末から17世紀にかけてヴェネチアで作り出されたマープル・グラスは、色彩が微妙に変化する美しさが注目されて、ヴェネチアン・マーブル・グラスとして、一段と高価で販売された。この色調は、銀イオンの熱による変化によって生ずる一種の耀変ガラスであり、実際に原料代も高く、制作にも特別な仕様が必要であった。とくにヴェネチアのガラス工房では、この種のガラスをカルセドーニオと称して、極めて高い評価を与えている。主として酒器や食器に使われている。なお、このガラスは光を透過すると美しい夕日のような赤色を発色することも人気の一端を荷っている。

BACK

   
 

カルセドーニオ

光をあてると美しい夕日のような赤色に染まるカルセドーニオ。
それは光を通す石であり、大理石模様に輝くガラスなのです。ルネサンス期には、上流階級のあいだで美しい模様の天然玉、石の収集が流行しました。そこでガラス職人たちは、自分たちの手で石の持つ美しさを再現できないかと高度な製造技術を駆使し、ヴェネチアでついにその完成をみたのです。茶・青・緑・黄など数種類の色ガラスの細片を熔かした、偶然が織りなす幻想的な模様は当時の人々にとって羨望の的でした。

 
季節・企画展により展示作品・館内レイアウトが変わる場合がございます。
   
ホーム/ミュージアム/ヴェネチアン・グラス美術館:主要展示作品 風にそよぐグラス
   
公式ブログ・最新情報
YouTubes動画チャンネル
  太陽光と風に輝く「クリスタル・ガラスのススキ」庭園にて展示中 期間:11月26日まで
紅葉と秋風に輝くクリスタル・ガラスの競演 紅葉時期・見頃:10月下旬から11月中旬
ガラスの体験工房フュージング・サンドブラスト。旅の記念に手作りの贈り物を
うかい 箱根ガラスの森美術館  

箱根ガラスの森美術館は箱根仙石原 国道138号線沿いにございます。  YAHOO!地図
開館時間:午前10時から午後5時30分 (ご入館は5時迄)        Googleマップ
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48 TEL:0460-86-3111 FAX:0460-86-3114
入館料:大人¥1,500- 大高生¥1,100- 小中生¥600-  お得な割引チケットはこちら

 
開館時間