箱根ガラスの森美術館 ヴェネチアン・グラスミュージアム  
 
インフォメーション
最新情報・ブログ
割引チケット
ホーム/ミュージアム/現代ガラス美術館/リヴィオ・セグーゾ

EGIDIO COSTANTINI エジディオ・コスタンチーニ

 
   
リヴィオ・セグーゾ LIVIO SEGUSO
1930年ヴェネチア・ムラノ生まれ

アルフレッド・バルビーニ・ガラス工房で修業の後、吹きガラスのマスターとなる。型押しなどを用いない伝統的な技法とともに、現代彫刻の技術的・美学的な造形問題にも取り組む。
第36回ヴェネチア・ビエンナーレ フィレンツェ賞受賞(1972)ドイツ・コーブルグガラス展 最優秀賞受賞(1977)1995年には、ヴェネチア・ビエンナーレ100周年記念‘アルテラグーナ’プロジェクトへ『VEGETAZIONE 95』を出展。
1999年箱根ガラスの森美術館に同作品を展示。

   
 
ソスペンシオーネ  

ソスペンシオーネ

1980年

3枚のガラスがバランスよく1本のワイヤーで吊され、空中に浮かんでいるかような作品。気泡を含んだ3つのガラスに前後から羽のようなガラスを掛けることで、周りの曲線が重なり合い、空間の広がりを見せています。

 
 
ガラスの泉 LA FONTANA DI VETRO  

ガラスの泉 LA FONTANA DI VETRO

1996年

「ガラスの泉」の中央にある作品「ナシタ」は生命の誕生というテーマを持つ、開きかかった透明の殻と内部の楕円形のフォルムによって構成されています。この作品は、ヴェネチアを代表するガラス作家であるリヴィオ・セグーゾ氏が制作し、当美術館の設計者である池原義郎氏による大理石の噴水上に設置するという形で共同制作されたものであり、箱根ガラスの森美術館のシンボルとして見事に空間に調和しています。

 

 
ヴェジタツィオーネ  

ヴェジタツィオーネ

1995年

─野外展示作品─

樹木が風になびいているかのような動きさえ感じられるこの作品のタイトル「ヴェジタツィオーネ 95」は、イタリア語で植物が群を成して伸びゆく様を示す言葉です。風によって形作られたようになびくパイプ状の透明なガラスに、季節の移り変わりや一日の光の変化を映し出し、周りの自然との調和を作り出しています。

 
季節・企画展により展示作品、レイアウトが変わる場合がございます。
   
ホーム/ミュージアム/現代ガラス美術館/リヴィオ・セグーゾ
   
公式ブログ・最新情報
YouTubes動画チャンネル
  クリスタル・ガラスのサクラ太陽光によって七色に輝きます。展示期間:5月21日まで
アルベルト・デ・メイス ヴァイオリンコンサート 毎週日曜日開催
セーンジャー馬頭琴コンサート 毎週水曜日開催
うかい 箱根ガラスの森美術館  

箱根ガラスの森美術館は箱根仙石原 国道138号線沿いにございます。  YAHOO!地図
開館時間:午前10時から午後5時30分 (ご入館は5時迄)        Googleマップ
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48 TEL:0460-86-3111 FAX:0460-86-3114
入館料:大人¥1,500- 大高生¥1,100- 小中生¥600-  お得な割引チケットはこちら

 
開館時間