箱根ガラスの森美術館 ヴェネチアン・グラスミュージアム  
 
インフォメーション
最新情報・ブログ
割引チケット
ホーム/ミュージアム/企画展/2017年クリスマス企画展:クリスマスのプレセピオと祝う人形たち

クリスマス特別企画展

ガラスのプレセピオなどクリスマスにちなんだヴェネチアン・グラスを展示いたします。

   

クリスマスのプレセピオと祝う人形たち

ヴェネチアは、16世紀からヨーロッパのガラス工芸の中心地として発展してきました。熟練した職人と革新的な技法の数々、そして豊かな芸術性が、長い歴史の中でヴェネチア独特の華麗なガラス器を生み出し、その発展の礎となっていました。
「ヴェネチアン・グラス」というとワイングラスやコンポートなど繊細優美なガラスの器を思い浮かべることが多いかもしれませんが、今回は、イタリアでクリスマスに欠かせないキリストの生誕場面をガラスで表現した「プレセピオ」作品を中心にヴェネチアン・グラスの人形、約20点を展示致します。ヴェネチアで制作されるガラスの人形は、ガラス職人に受け継がれてきた伝統技術とあふれる遊び心が融合し形になったものです。人形の華やかな衣装には、秘伝とされたレース・グラスや色鮮やかなモザイク・グラスが使われています。これらの作品は、玩具用の人形とは異なる親しみがあり、作品を見る度に様々なストーリーを想像させながら空想の世界へと誘ってくれます。
本展では、クリスマスをテーマにヴェネチアのガラス職人が作り出したヴェネチアン・グラスのもう一つの魅力ともいえる、ガラスの造形美の世界をご紹介します。

会期:2017年12月1日から12月25日

   
 
プレセピオ
 

─プレセピオの歴史─

イタリアを始めヨーロッパのカトリック諸国ではクリスマスにプレセピオという、人形を飾る習慣があります。

12世紀に聖フランチェスコによって創始されたプレセピオは文字を殆ど読むことのできなかった当時の民衆に、キリスト教を理解してもらうために「キリスト生誕」、「羊飼いの礼拝」、「東方の三博士の礼拝] の場面を総合的に人形で再現したものです。

ルネサンス時代、この主題はキリスト教絵画の代表的な画題として多くの画家に描かれ、画家たちの豊かな想像力により、物語はさらに細かく、華やかに表現されてゆきました。
それ以降、プレセピオにも細やかな絵画表現が多く反映され、キリストを訪れる三博士に加え、キリストの生誕を知らせた羊飼いや、三博士の従者などがひしめき合い、華やかな祝いの場面として表現されるようになりました。

ヴェネチアでは19世紀後半からガラスによりプレセピオが制作され、様々な形式のものが残されています。

箱根ガラスの森美術館に収蔵されている作品は、ヴェネチアン・グラスの伝統的なレース・グラスやミルフィオリの技法で制作された20世紀初めの作品あり、ヴェネチアの職人の高度で卓越した造形力を表われています。

   
ホーム/ミュージアム/企画展/2017年クリスマス企画展:クリスマスのプレセピオと祝う人形たち
   
公式ブログ・最新情報
YouTubes動画チャンネル
  太陽光と風で輝くクリスタル・ガラスのクリスマスツリー展示中
ヴェニス・セレナーデ・デュオ特別コンサート 会期:11月18日から1月8日(毎週水曜日休演)
ガラスの体験工房フュージング・サンドブラスト。旅の記念に手作りの贈り物を
うかい 箱根ガラスの森美術館  

箱根ガラスの森美術館は箱根仙石原 国道138号線沿いにございます。  YAHOO!地図
開館時間:午前10時から午後5時30分 (ご入館は5時迄)        Googleマップ
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48 TEL:0460-86-3111 FAX:0460-86-3114
入館料:大人¥1,500- 大高生¥1,100- 小中生¥600-  お得な割引チケットはこちら

 
開館時間